姫路からサマーソニック(SUMMER SONIC)2017へ行く(パーク&ライド)前編

どうも。初サマソニで年甲斐もなくハッスル(死語?w)してきた米井です。フジロックとは違い、とっても近距離で行けるサマソニ大阪。行きと帰りがリラックス出来るよう車で向かうことにしていました。初めてのサマソニ大阪参戦今回から導入されたパーク&ライドを使うこともあって余裕を持って出かることにしました。

 

サマーソニック2017公式サイト

 

フジロックフェスティバルには今まで3度行った事があるのですが、都市型フェスであるサマソニは初でしたので、どんな感じになっているのかとても楽しみでした。

 

◆用意したモノ

気候は関東は雨予報でしたが、関西は2日とも晴れの予報。これは暑くなりそうだと思って熱中症対策も含め準備万端で臨みました。

用意したものは、、、、

□500mlスポーツ飲料2本/1人 □塩飴 □塩キャラメル □ひんやりシート □タオル2枚 □着替えのシャツ1枚 □スマホ充電器 □小銭入れ □お金 □保険証&運転免許証 □そして一番大事なのがチケットw

実際行ってみて、ま、これでそこそこ事足りましたね。現地の最高気温(予想)は35℃。ドリンクは2本では本当に足りませんでしたが、現地でポカリを買いまくりましたw。逆に沢山のペットボトルを持っていくと邪魔になるので、これくらいでちょうど良かったかもしれません。

雨予報であればカッパなどもいるかもしれませんね。

 

◆現地の物販の相場

ポカリは現地では250円。ビールは400~600円。タオルはオフィシャルのタオルが少し大きめで2500円。どデカいタオルは4000円。

市場価格の大体1.5倍ですね。近くのコンビニは、ローソンが1件ありましたがめちゃくちゃ込み合ってます。セブンイレブン(やったかな)がめちゃくちゃ近いところにオープン予定な感じでしたので、来年は2件に増えているかもしれません。

(少し離れたところにはファミリーマートがあったので合計3件かな)。

 

ローソンでは、おにぎりや唐揚げくん、フランクフルトなども店の外で臨時テントを張って売ってくれています。ビールのお値段は会場の出店より少しお安め(生ビールで400円・早めに無くなってましたけど)です。

今回私は車を運転して行きましたので、嫁さんがビール🍺担当です(悔しい…)。まるで犬のように横でヨダレを垂らしビールを見つめる私でした(笑)。

 

◆パーク&ライド(PARK&RIDE) について

今回は車で行く予定でしたので、前売りにてパークアンドライドのチケットを購入していました(3000円)。駐車場はかなり広いところにありますので、私たちが到着した時にはまだ当日券も販売してました(3500円)。ま、朝一だったからかなw?

 

◆姫路(神戸)から現地への行き方

まず姫路を出発したのが、7時ちょっと前。かなりスムーズに行けたので、現地到着が8時10分過ぎ。

約1時間10分で到着です。早っ!かなり楽だ。

阪神高速➡

摩耶出口から湾岸線へ乗り換え ➡ 北港JCTで舞洲方面へ(USJへ行く方は左車線、舞洲行きは右車線で分かれます) ➡ 舞洲到着 ➡ 「駐車場はこちら」というような看板が立ってますのでそれに従います ➡ ファミリーマートのある交差点を左へ ➡ ちょうど会場横を通り過ぎ橋を渡ります ➡ 橋を渡った付近で警備員の方が誘導してくれました。ぐるりと遠回りして駐車場到着!

警備員さんが炎天下の中、とてもスムーズに誘導してくれる。ありがとうございます(⌒∇⌒)。

パークアンドライド駐車場からはシャトルバスに乗り込み5分ほどで現地に到着します

5分なのであっという間です(笑)。

ちなみにユニバーサルスタジオ駅からのシャトルバスチケットは前売りが売り切れてました。歩くと結構な距離がある感じですので絶対買っておく方がよいと思います。

 

【OSAKA】(前売販売期間:各公演前日23:59まで)1日券 ¥14,000 2日通し券 ¥25,500 プラチナチケット ¥25,000(サマソニ1日券+プラチナ特典 ※枚数限定/ブロック指定) ※プラチナ特典:専用ヴューイングエリア、専用ラウンジ、専用クローク、グッズ売り場ファストレーン、ウェルカムドリンク
 
 パーク&ライドチケット ¥3,000(駐車場1日券+夢洲⇔舞洲・ソニックバスタ東(往復))
 
 シャトルバスチケット ¥800(運行経路:JRユニバーサル・スタジオ駅⇔舞洲・ソニックバスタ中央(往復))※前売り予定枚数終了
 
(当日券販売期間:各公演当日0:00~11:00)1日券 ¥15,000 プラチナチケット ¥26,000

    ※2日通し券の販売はありません。※19日プラチナチケットは完売です。

 

◆リストバンド交換・使用方法

「パーク&ライド用シャトルバス乗降口」からすぐ目の前にリストバンド交換所があります。で、ユニバーサル駅からの前売りシャトルバスは別の場所に乗降口がありそちらにもリストバンド交換所が近くにあります。また当日券・JTBツアーバス用のシャトルバス乗降口も同様です。

そこまで混む様子もなくかなり運営がスムーズだな~~って印象でした。

リストバンドを締めていざサマソニ参戦!!!

一度締めたら取れませんので、ちょっと緩めに締めておきましょう(笑)。

リストバンドを交換し締めた後は、暑さ対策のためにオフィシャルのタオルを購入。グッズ販売所も最初はかなりの列でしたが、結果、オフィシャルのモノを買うだけなら、後で買っても十分事足りました(汗)。

リストバンドは各エリア・ステージに入るために必となります

この舞洲一帯がサマソニ会場となっていますので、どこからが会場かの境目が良く分かりません(笑)。さすが都市型フェスですなw。

海岸沿いの一番奥にはメインの「オーシャンステージ」。

舞洲ベースボールスタジアムが「マウンテンステージ」。

舞洲アリーナが「ソニックステージ」。

スタジアムとアリーナのちょうど間ぐらいに「ホワイトマッシブ」があります(なぜここだけマッシブなのか良く分かりません(;^ω^))。

あと舞洲オートキャンプ場のところに出店が集まる「オアシス」があります。

結果、それぞれのエリアに入る時にリストバンドを見せて入る事になるって訳です。サマソニ大阪はそれぞれのエリアが結構密集しておりますので、そこまで移動距離が無くて楽に思いました。

フジロックと比べるとめちゃくちゃ楽です(笑)

 

◆晴れだと暑さが半端ない…水分補給はこまめにしよう

とりあえず、リアーナ…ではなくアリーナ(ソニックステージ)前で写真を撮ってもらいました。この時点で汗だくでもうバテてます(笑)。まだ朝の9時過ぎやのに…。暑さは半端ないですね。とにかく遮るものが少ない(笑)。みんな建物の影やなんかに隠れて暑さをしのいでます。

おいおいこれでまだ始まってないんかい。

とりあえず、、、ビール!!!

といきたいところだけど、運転があるのでポカリで奥さんはビールで、、、カンパイ!!!((;´д`)トホホ。パーク&ライドだとこの美味しそうなビアーを味わえないのが悔しいですな…)

 

◆オーシャンステージへGO

途中、アーティストの方がペインティングのライブをしているところがあります。写真撮影にはもってこいの場所ですね。でも、アーティストの方がめちゃ大変そう…(汗)。炎天下の中、絵を描き続けているのはほんと脱帽です(-_-;)。

 

とりあえず、朝一のライブ「ピコ太郎」さんを見るためにオーシャンステージへ向かいます。

※若干ボルトを意識(笑)

やっぱり朝一のオーシャンステージの上、旬が過ぎ去っている感は否めない「ピコ太郎」さんのライブ開場なので到着時点では人もまばら(笑)。

でも時間が近づくにつれて人は増えだしていく。

にしても、、、

暑い、、、。

暑い、、、。

「暑い」と言ったら罰金と嫁さんと言ってたのにいつの間にか連呼している自分がいる(笑)。ピコちゃんを待っている間に、今日のタイムテーブルを見て一日の予定を確認する。

 

◆ピコ太郎からの予定を確認

ピコ太郎

⇒デクランマッケンナ

⇒KUNGS

⇒DUALIPA

⇒ナルバリッチ

⇒BYP 

⇒そして一番の目的のCALVIN HARRIS。

この流れだな~~~って話していたら、MCの方が登場!

ん?!この声は聴いた事がある!あのFM802「タクティーインザモーニング」大抜卓人さんではあーーりませんか!!!朝ラン夫婦としては、ピコ太郎さんより興奮をしていたように思います(笑)。

※番組は7時からなのでそんなに聞いてませんけど(ごめんなさい)。

 

ピコ太郎さんのライブは「PPAP」「ネオサングラス」などの名曲(迷曲)を披露w。サマソニ用に作られた「サマソニ音頭」など、お客さんと一緒に場を温めていく余興的な盛り上がり(世界的アーティストになんてことを言うんだ…)。

ご本人もおっしゃってましたが、トップバッターとしては最適の方と思います(笑)。でも、こうしてご自身のやりたかった音楽でフェスに出演するなど夢を叶えているところがほんとスゴイ方やと思います。

あっ、写真は撮ってませんのであしからず…。

 

とありあえず、前編はここまで。

サマソニ大阪2017後編へと続きます。

◆後編へ続く

姫路からサマーソニック(SUMMER SONIC)2017へ行く(パーク&ライド)後編









The following two tabs change content below.
米井敏進(YONEI TOSHIYUKI)

米井敏進(YONEI TOSHIYUKI)

株式会社キレイニ・ヨネイクリーニング・レザー&リペアAPRON代表&職人。1976年生まれ。 クリーニング師(国家資格)・TES(繊維製品品質管理士)・CA(クリーニングアドバイザー)の資格を持つ。しみぬき流派「不入流」師範。レザークリーニングやカラーリング(色修復)の技術を持つ。 クリーニングの枠に拘らないスタイルで、ファッションケアを様々な技法で表現。異業種団体「CONNECT」に所属し姫路で2度ファションイベントの企画運営に加わる。 趣味はランニング(篠山ABCマラソン2度の完走・村岡ダブルフル44kmの部完走)・フットサル(10年で引退)。HP作成も自ら行うなどクリエーター気。 お客様のため、毎日『キレイ』を探求し続ける2児の父親である。 【クリーニングアドバイス受付】 月・水・木・土 ※時間によって不在の場合あり。お問い合わせ下さい。