姫路から岡山へ家族旅行Ⅳ。新見市の井倉洞探検 part2

PART1からの続きです(PART1⇒駐車場から井倉洞入り口までのレポ)。

入り口に入った瞬間、まず目の前に広がる冒険の匂い。

ドラクエ・インディージョーンズ・グーニーズ世代にはたまらない感覚です(どんな世代と感覚っ!?w)。

IMG_5582

そして、中、結構寒いです。ちょっと羽織るモノがあった方がええかも知れません。

IMG_5589-0

途中、温度計あったけど15℃。冬はもっと寒いんだろうか…。

下も整備されたところも多くありますがやはり少しすべりやすいので滑りにくい靴の方がええです。水たまりが結構あるのでサンダル系やシミになりやすい革靴などはご注意シミになったらヨネイクリーニングにご相談を(笑)。

IMG_5583

入り口付近でこの雰囲気。どうです?この時点でやばいでしょ^^;。

 

大人の方は、入り口付近で、子供たちに鍾乳洞探検部隊の隊員として命名しておきましょう。

大人 「●●隊員!!!ケガはないか!?」

子供 「はい!隊長!!大丈夫です!!!」

大人 「●●隊員!!!上が危ないぞ。気を付けろ!下は水たまりだぞ、気を付けろ!」

子供 「はい!隊長!!!」

こうしてチームワークを鍛え団結力を高めていきます(笑)。はい、特に必要はありませんw。

IMG_5551-0

ありとあらゆる鍾乳石が神秘的でキレイです。

ドキドキとうっとりを楽しみながら鍾乳洞の世界を楽しんで歩いていきます。

IMG_5585-0

30Mって!?^^;

IMG_5550-0

上、高っ!!!!!!!!!!!!!そして左下奇妙な鍾乳洞が!?あっ、私か…(笑。

IMG_5590-0

どんどんどんどん進みます。なんか人工的な階段があるぞ。

ん???もう終わりかな。。。

結構キツイのぼりですよ(汗)。登る途中に、鍾乳洞の解説やら何やら展示してる絵や写真なんかがあってそろそろラストを感じます。

おお、やっと終わりかな。

 

すると。。。。。

IMG_5587-0

あ、あれ?あれれ??(笑)。

だいぶ歩いたなぁ~~~と思ったらまだ300m地点だった(笑)。

ここから出口までは、まだ900mもあります。つまり今まで歩いた距離の3倍の道があるんですね。この時点でもかなり満足できる鍾乳石を見れてますので、ご年配の方や、お子さんで疲れた方、気分が悪くなった方はこの300m地点で出口へ向かう事が出来ます

 

この先は少々狭くなってきます。しゃがんだまま進む場所などもあり、背の高い方はそこそこ大変です。

では、先へ進みます!!!!!行くぞ探検隊!!!!

IMG_5588-0

すげ!!!おいおい!このシチュエーションは映画でしか見たことがないぞ!!!

IMG_5549-0

うう~~~~~。ちょっとキモイ感じもこれまた最高。

IMG_5591-0

竹林。様々な鍾乳石に名前が付けられていて面白いですよ。「通せん坊」ってやからもおりました(笑)。

まだまだ、続きます。最高に長いです。面白くてたまりません。

探検隊のテンションもアゲアゲです(笑)。

IMG_5593-0

IMG_5592-0

地獄の釜に。赤の照明が余計に怖くさせてます^^;。照明もええ感じに色を付けてくれてるところが沢山あり、冒険心を高めてくれますよ。

 

そして、

かなり歩きまくった探検隊。

ようやく頂上へ!!!!

 

そこはあの最初にみた滝の裏の場所でした。

IMG_5578

あの滝の水が落ちる場所まで登りました^^;。

頂上の写真は撮ってませんので、実際に行かれて感動をお楽しみください。

そして、最後は、、、、、

永遠に人工的な階段を下ります(笑)。

IMG_5594-0

はい、淡々と進みます(笑)。さっきまでとのギャップがすごいです^^;。

でも、これだけの高さを登って来たんだという凄さが分かりますね。

この時には結構体はポッカポカ。羽織ってた服も脱いでました。

IMG_5595-0

そして、ついに出口。パチパチパチ!!!

みんなケガなくよく頑張りました。

「よくやった隊員達!!!」

とここで子供たちを褒めてあげましょう(笑)。

 

下界に降りてからは、自分へのご褒美「ソフトクリーム」をみんなで食べ、

疲れを癒しながら洞窟の話でほんと楽しく盛り上がりました。

 

子供たちはもう大満足!そしてまだ行きたい!と興奮気味(笑)。

 

この面白さが分るのか、、、、、

よし!それなら、、、、、、

満奇洞へ行くか!!!!

 

えっ!!!?まだ洞窟あるの!実は、新見市にはまだあるんです!!!

という事で、チケット売り場のおじさんに

「満奇洞ってどうやっていけばいいんですか?」と聞いてみた。

するとおじさん、

「あそこはもう無理やなぁ。あっちも16:30で閉めるからな。行くまでの時間を考えたらもう無理や」

とのこと。。。。残念無念!!!

こうして米井敏進探検隊は、次回は満奇洞へ行くことをここで決意し、井倉洞を後にするのであった。

 

最高のシルバーウィーク旅行。皆様、どうぞご参考に。

最後までお読みくださり誠にありがとうございました。

 

終わり(笑)。

ヒ~~~~~ハ~~~~~~!!!!

井倉洞(公式ページ)

満奇洞ホームページ

面堂終太郎 – Wikipedia

『グーニーズ』30周年 あの子役は今、何してる?

水曜スペシャル・探検隊シリーズ ファンサイト

 









The following two tabs change content below.
米井敏進(YONEI TOSHIYUKI)

米井敏進(YONEI TOSHIYUKI)

株式会社キレイニ・ヨネイクリーニング・レザー&リペアAPRON代表&職人。1976年生まれ。 クリーニング師(国家資格)・TES(繊維製品品質管理士)・CA(クリーニングアドバイザー)の資格を持つ。しみぬき流派「不入流」師範。レザークリーニングやカラーリング(色修復)の技術を持つ。 クリーニングの枠に拘らないスタイルで、ファッションケアを様々な技法で表現。異業種団体「CONNECT」に所属し姫路で2度ファションイベントの企画運営に加わる。 趣味はランニング(篠山ABCマラソン2度の完走・村岡ダブルフル44kmの部完走)・フットサル(10年で引退)。HP作成も自ら行うなどクリエーター気。 お客様のため、毎日『キレイ』を探求し続ける2児の父親である。 【クリーニングアドバイス受付】 月・水・木・土 ※時間によって不在の場合あり。お問い合わせ下さい。
米井敏進(YONEI TOSHIYUKI)

最新記事 by 米井敏進(YONEI TOSHIYUKI) (全て見る)