姫路から安富町『グリーンステーション鹿ヶ壺』へ家族で行く その①(カカシ編)

5/8。ヨネイクリーニング定休日の日曜日。いつものごとく家族でお出かけ。

1429年 ジャンヌ・ダルク率いるフランス軍が、イギリス軍を撃破し、オルレアン市を解放したその日。わが家のジャンヌダルク「嫁さん」の提案でハイキングで安富町の「鹿ヶ壺」に行くことになった(笑)。

冒険好きな我が家。洞窟やアスレチックなど数々の冒険をこなしてきたが、少々本気の山に入るのは初めてであった。でも大丈夫、ジャンヌがついているのだ。いざススメ!!!イギリス軍を撃破するのだ!!!(あまりネタにすると怒られるので嫁さんネタはこのあたりで…w)。

 

■姫路から車で安富まで

姫路から安富町までは結構近い。車で約1時間ほどだった。地道でも意外と近い印象ですね。

中国自動車道、安富の降り口からで約20分だ。途中「安富ダム」もあって素敵な風景を楽しみながら冒険心を高め現地へ向かう。あっ、写真とってね~~な。

 

■突如現れる方々

のどかな風景が続く。

もうすぐグリーンステーションに到着だ。すると地元の方々が外で作業をしている。

このような集落にも多くの方が住まれてるんだな。のどかでいい風景じゃないか。

子どももいるのか。若い家族もいるんだな。

「???」

よく見ると…

2016-05-08 13.44.37

エ”~~~~~ッ!!!!!!!!!!

人ちゃうやん!!!!カカシやん!!!!

あちこちにカカシの人達が…。

最後の写真の子供は特に怖い(汗。なにか映画トリックの村に来たかのような錯覚を起こさせてくれる演出。

いきなり、お腹満腹状態(笑)。本番はここからなのに(汗)。

 

「わーーー、きゃーーーー、こわ~~~~!」言うてる間に

「グリーンステーション鹿ヶ壺」へ到着(笑)。なんという演出だ。

 

■現地到着

2016-05-08 13.44.12

よっしゃ到着。デカい木彫りの方がお出迎えしてくれた。

奥にはまだ、カカシ達がおるのですが…。ま、、、、ええか(笑)。到着すると、広めの駐車場に車がポツポツと止まっていた。日曜日だから結構人がいるのかな、と思いきや結構空いている。森からは鳥たちの鳴き声が沢山聞こえ、空気も美味しい!

まさに癒しの空間。

ここ「やすとみグリーンステーション鹿ヶ壺」では、オートキャンプやキャンプ、コテージなどがあるのでアウトドア派の家族にはもってこいの空間かもしれませんね。ゆったりしてそうなのでまた泊りでくるのもええかも。

2016-05-08 13.26.14

で、とりあえず、ハイキングコースが分からないので中央にある「鹿ヶ壺山荘」へ行ってみる。

2016-05-08 09.55.54

着いて早々、カカシでお腹いっぱいになったのか、ダルダルの子供たち(笑)。おい!気合いを入れんかい!山をなめたらいかんぜよ(笑)。

 

■鹿ヶ壺の名前の由来

山荘に入ると、早速「鹿」がお出迎え。

2016-05-08 09.49.55

鹿ヶ壺だけに、やっぱ「鹿」がおるんだな(笑)。実際、現地では鹿のふんらしきものがあったし。

子どもたちには、「名前の由来は、この鹿ヶ壺の水を飲みに鹿たちが集まっていたからそのような名前が付いたんだと思うよ」

とか、言ってたんだけど…実際は…

鹿ヶ壺(しかがつぼ)は兵庫県姫路市にある落差70m以上の岩床を流れる多段のと数十の甌穴(滝壺)群の総称。 最大の甌穴は鹿ヶ壺といい、その形が鹿の寝姿に似ていることから通称となったとされる。

出典:ウィキペディアより

「鹿の寝姿」だったの!(汗。嘘ついてしまってゴメンなちゃい(笑)。

 

山荘の方にご挨拶し、ハイキングコースマップを頂く。地元の方々がお茶を飲みながら談笑している。

のんびりしてええとこやな。

ここでみんなトイレを済ませとこう、と奥へ進んだ、その時であった。

 

なんとこんなところで

 

大物芸能人と出会う事になるなんて!!!

 

2016-05-08 09.47.32

あのさだまさし!さんならぬ、さだかかし!さん。

って、またカカシかい!!!!

もうカカシでお腹がいっぱい過ぎる。

2016-05-08 09.47.51

いや、もうええって(笑)。若干、ひだりの方、中指立ててるように見えるのは私だけでしょうか。おじいさんかおばあさんか、性別も良く分からないし(笑)。

 

■ハイキングスターート!

トイレも済ませ、パンフレットも頂き、準備万端!!ようやくいざハイキングへ出発!!!

2016-05-08 09.51.34

ハイキングコースは結構沢山あって、上級者であれば雪彦山を通るルートなんかもある。大人同士なら1日かけてこのコースも良いかもね。準備はしっかりしないと危なそうだけど。

2016-05-08 09.51.42

とりあえず、子ども達が行けそうな、あまりキツくない感じの

⑤鹿ヶ壺山荘→三ヶ谷の滝→千畳の滝→千畳平(1,693m)

のコースへ行くことに決定!!!。それでもコースとしては片道1時間近くある。

よし!!!カカシで若干お腹いっぱいやけど、

気持ちを新たに、、、ハイキングスターート!

2016-05-08 09.57.33

もう何も言えね~~(笑)。北島康介ならそう言ったであろう。

「山は綺麗やけど危ないから気を付けていくんじゃぞ」

カカシのオジサンがそう言ってくれた、、、、気がした。

2016-05-08 09.57.37

駐車場から少し離れた「ふれあいの館」の横の入口が今回のコースのスタート地点。

2016-05-08 09.58.01

いきなり道が舗装されている。どうやら最近舗装されたようだ。NHK「黒田官兵衛」の際のオープニングにこの地が使われた事もあり、観光客の方が来られることを考えて綺麗にされたのかな。

2016-05-08 09.58.53

山の入口入ると大きな木が私たちを迎えてくれる。

2日前に雨が降った事もあって、落ち葉も多く、そしてなによりマイナスイオンがたっぷり。山に入るぞ!という雰囲気に子供達も興奮気味。道も舗装されているので、安心だね。

でも、山は山。カカシのオジサンの助言通り、山をなめてはいけない

いつものごとく隊長の私を先頭に米井探検隊は奥へと進むのであった。

2016-05-08 10.02.35

今回のブログも少々長くなりそうなのでひとまずこのあたりで。

 

後編へ続く

(ちびまる子ちゃんのナレーション風に)。

 

参照サイト

グリーンステーション鹿ヶ壺

奥播磨かかしの里

安富ダム[兵庫県] – ダム便覧

 







The following two tabs change content below.
米井敏進(YONEI TOSHIYUKI)

米井敏進(YONEI TOSHIYUKI)

株式会社キレイニ・ヨネイクリーニング・レザー&リペアAPRON代表&職人。1976年生まれ。 クリーニング師(国家資格)・TES(繊維製品品質管理士)・CA(クリーニングアドバイザー)の資格を持つ。しみぬき流派「不入流」師範。レザークリーニングやカラーリング(色修復)の技術を持つ。 クリーニングの枠に拘らないスタイルで、ファッションケアを様々な技法で表現。異業種団体「CONNECT」に所属し姫路で2度ファションイベントの企画運営に加わる。 趣味はランニング(篠山ABCマラソン2度の完走・村岡ダブルフル44kmの部完走)・フットサル(10年で引退)。HP作成も自ら行うなどクリエーター気。 お客様のため、毎日『キレイ』を探求し続ける2児の父親である。 【クリーニングアドバイス受付】 月・水・木・土 ※時間によって不在の場合あり。お問い合わせ下さい。