姫路から安富町『グリーンステーション鹿ヶ壺』へ家族で行く その③(鹿ヶ壺編)

2016-05-13 13.05.09

無茶はダメだけれど、危険は生きるプロセスだ。
                  C・W・ニコル(作家)

どうもCWニコルです。

最近、私の名前をもじったバンドが出ておりますが、、、、

結構いい歌なんですよね~~。

ま、、、そんなこと、どうでもいいんですけどね。。。

 

では、グリーンステーション鹿ヶ壺レビューブログ、第3話スタートデスヨ~。

 

1話→姫路から安富町『グリーンステーション鹿ヶ壺』へ家族で行く その①(カカシ編)

2話→姫路から安富町『グリーンステーション鹿ヶ壺』へ家族で行く その②(山登り編)

 

■千畳の滝~千畳平へ

2016-05-08 10.55.14

千畳の滝を後にした一行は、山を少し登った丘にある「千畳平」へ向かう。

千畳、、、、千畳、、、、戦場、

と言って思い出されるのが、

映画「ハンバーガー・ヒル

419EP5AFGGL

アメリカ軍とベトナム軍を描いた戦争映画で、小学か中学の時に日曜洋画劇場か何かで見た覚えがある。ただただ戦闘シーンが続き、いつまでたっても丘を占領出来ないストーリーだったような、、、とにかく見てて辛かった思い出があります(笑)。

 

ま、そんなことはどうでもいいんですけどね、、、、、

そんな映画レビューはさておき…(笑)。

 

我々の目的地は「千畳平」。千畳平、占領へ向かうのだアメリカ軍!!!イエッサァー!!!!

 

千畳の滝の横の階段をまた上り丘へ向かうアメリカ軍部隊(いつの間に!?)

気合いだ!気合いだ!

へこたれるな野郎ども!!!

015

星条旗を汚すんじゃね~!!!

訓練所での特訓の成果を見せてみろこの金髪豚野郎!!!

imgres

 

…。

 

しばらく進むと、ジャンヌ嫁が下を見て突然叫ぶ。

「あ~~!!!!しゃくとり虫ちゃんがおるよ~~!!!!」

やっぱり、山。色々な生き物がいるんだね。

子供たちにとって生き物と触れ合えるのは良い機会だ。

どれどれ、どこにいるのかな…

2016-05-08 11.01.48

えっ??

何処に???

アップにしてみよう。

2016-05-08 11.01.46

ん????良く見えないので、

もっとアップに…。

2016-05-08 11.01.46hiru

なんかキモっ!!!(笑)。尺取虫ってミドリ色っぽくなかった???

ここは触る事はせずに棒でつっついて動きを見て子供たちも喜んでいた。

 

■この山、最大の危険はこれだった!

実は、のちほど「山荘」のオジサンに聞いて分かったのですが、このしゃくとりむし、実は…ヒルなんです^^;。

「ヒルナンデス」ではなく、「ヒル」なんです(笑)。

山の草むらなどにいて、知らない間に足から血をすわれてたりするらしいです。ヒルは、草むらや水の中にいることが多いらしいので気を付けてくださいね。今回我々は誰も被害は無かったんですが、後で思えば怖い事してたような…。これから行かれる方はちょっと注意してた方がええかもしれませんね。

 

やがて、階段を登り切ったアメリカ軍部隊w。

いつものように記念撮影。

2016-05-08 21.25.59

さて、千畳平まではもうすぐ!細い木々が続く道を行くと、日の光が多く差し込み幻想的な雰囲気に。

2016-05-08 11.07.52

何故か、ここで鹿に会えるような気がした、、、、

 

 

その瞬間!!!

 

 

クシャミでた(無意味)。

 

 

もちろん会える事は無く

 

目的地に到着する一行であった。

 

 

■千畳平でピクニック!

 

千畳平!!!気持ちよか~~~!!!!

なんか、やり切った感覚。開放感がたまらない!!!!

よく見ると、地面にコンクリートが。どうやらここでキャンプも出来るようだ。誰もいなかったけど、気持ちよさそうだね。周りには人はほとんどいない。到着した時に2名のご夫婦らしい方がいらしたがすぐにどこかへ向かわれた。看板をふと見てみると、「登山口」の文字が…。

2016-05-08 12.01.08

もう一度、地図を見てみよう。

2016-05-08 09.51.34

どうやら、雪彦山への登山道はここからみたい(笑)。ほんまの山はここからなのね(笑)。ご夫婦はそちらへ向かわれたのね。でも、うちの7歳、5歳にはここまでがちょうどいいや~~ね~~(志村ケン風)。

 

地面にはキャンプテント用と思われるちょうどよいコンクリがあるので、そちらにシートを敷いて、、、、

ピクニック!!!

おにぎりやお茶を飲みながら「占領した丘」でしばし疲れを癒すアメリカ軍部隊。寝転がったりしてもとても気持ちが良い。夏ならちょっと暑いかもね。食後にはポットに入れてたコーヒーを飲みしばらく、癒される。

突然、大きなエンジン音が…。実はこの千畳平までの道路があり、車で来れるみたいだった(笑)。

一気に数台の車が止まり、中から4,5家族が登場。横でタープを貼り、バーベキューの用意が始まった。。一気にキャンプ場らしくなった千畳平(笑)。貸し切りだった千畳平もやがてそちらの家族たちがメインの舞台に(笑)。

なんか、おにぎり食べてるのが少々恥ずかしくなる…(笑)。

じ、じゃあ、、、そ、そろそろ行こか…(笑)。

隊長のか細い声と共に、丘を奪還されたアメリカ軍部隊は追われるように下山道へ向かうのであった(笑)。

images

 

■そして下山。でもコースは変更

同じコースを戻る予定だったけど、あの険しい道を帰るのとなると、、、、ちょっと考えて、下りは別コースを行き、せっかくなので鹿ヶ壺を見に行くことになった。これが結果、感動のフィナーレを迎える。

 

■千畳平~名勝・鹿ヶ壺へ

くだり、くだり、くだり。先ほどのコースとは違って、比較的楽な道が続いている。途中、パパさんが子供を抱いて登る家族に出会ったり…。比較的楽な道を進むが、下は雨の影響でぬかるんだところもあり、注意して進む。

だいぶ進んだところで看板。

2016-05-08 12.40.44

名勝鹿ヶ壺の文字!!!よっしゃキターーー!!!!!!

で、そもそも名勝って何??

名勝(めいしょう)とは、景色の良い土地のこと。名勝地景勝(地)(けいしょう(ち))ともいう。日本における文化財の種類のひとつで、芸術上または観賞上価値が高い土地について、日本国および地方公共団体が指定を行ったもの。特に、文化財保護法第109条第1項において規定された、国指定の文化財の種類のひとつ。

ウィキペディアより

ウィキペディアさんは何でも知ってますねぇ~。ログポーズ(看板)の示す下りの細い道を600m降りたところに出現した

鹿ヶ壺!!!

写真では伝わりにくいですが、めっちゃキレイです!!もちろん、この日の天候の良さと数日前に雨が降った影響もあるのかもしれませんがとにかくマイナスイオンたっぷりで癒されまくり!

横に立っている看板を見る。

2016-05-08 12.51.09

軍師官兵衛のオープニングに使われた場所のようだ!!!もちろん、ひらぱー兄さんは来たわけではなくCGだけどね。

139256325397688727226

ここは姫路人として絶対、やっとかなあかんやろ!ということで。。。。

 

2016-05-08 17.13.17

???なんか違うし。。。ポーズもカットも全然違う。どちらかといえば、山の仙人やん(笑)。染み抜き仙人とでも、言っておこう(笑)。にしても景観が素晴らしいので絵になるわw。皆さんも行かれた時はどうぞこのポーズで…。

 

ここから鹿ヶ壺を見ながら降りていきます。

 

一気にどうぞ!!!

いや、ほんと見る価値あります!!!

めっちゃ綺麗です。沢山の距離を歩いてきたからこそ感動もひとしおです。

2016-05-08 13.16.03

鹿ヶ壺(しかがつぼ)は兵庫県姫路市にある落差70m以上の岩床を流れる多段のと数十の甌穴(滝壺)群の総称。 最大の甌穴は鹿ヶ壺といい、その形が鹿の寝姿に似ていることから通称となったとされる。 現在は甌穴群の総称で、県名勝の指定名は、鹿ヶ壺である。 また、鹿ヶ壺と千畳の滝、三ヶ谷の滝、千畳平などを含めた雪彦山南西麓のハイキングコースが整備されたレクリエーションゾーンは、やすとみグリーンステーション鹿ヶ壺と命名されている。 一帯は、雪彦峰山県立自然公園に属する。

ウィキペディアより

 

10個ある滝壺は本当に素晴らしく、途中、何処まで深いのかわからない「底無壺」ってのもある。

上にあった看板を見てみると、実はこの底無壺。

2016-05-08 12.59.08

飾磨(瀬戸内海)までつながっているとか、、、、そんな伝説があるらしい(笑)。

なんという偶然。飾磨からこんな山奥までやってきて飾磨へ帰れるルートがあるなんて…(笑)。

それならちょっと帰ってみようかと、、、、

2016-05-08 21.27.32

川に侵入(笑)。

しかし!!!!

 

水冷たすぎ!!!!!

 

が痛い!!!足がヤられるわ!!!!!

飾磨まで泳いだら数秒で死ぬわ(笑)。

 

やっぱり無難に、車で帰る事にしました^^;。

 

 

そんな素晴らしい鹿ヶ壺を堪能した一行はついに

出発地点へ到着し、

ついに

ゴール!!!!

2016-05-08 21.27.11

2016-05-08 13.25.03

下山した時にはちょうど昼過ぎぐらいだった。下ではデイキャンプでBBQを楽しむ家族が。

コテージもあってとても静かで自然いっぱいで楽しそうだった。

近くには川もあって釣を楽しむ方々もいた。

2016-05-08 13.27.14

???でも、なんか変だよ。なんか変だよ日本人。

よく見ると

2016-05-08 13.27.21

やっぱりカカシかい!!!!(笑)。

 

初めと終わりはやっぱりカカシで〆てくれたそんな鹿ヶ壺でした。

また、子ども達が大きくなったら違うコースも行ってみたいと思う。

目指せ雪彦山!!!

 

■まとめると

・ヒルには気を付けて!!!!

・服装はやはりそこそこしっかりした山対応、神対応の服装で!!!

・鹿ヶ壺最高!!!

 

という事でした。またまた最高の冒険が出来た休日で大満足となりました。

 

■帰りに食べたいモノ

帰りの道中ででっかい看板が見えたので即寄ったところ、それは。

2016-05-08 14.12.57

日本一たい焼き

を食べる

アメリカ軍部隊でありました。

 

 

終わり。

 

 

3部までお読みくださってありがとうございました。

 

ヒルには気を付けて、、、という事で〆はこの曲で終りたいと思います。

よく考えると、草むらを歩いたり、水の中に入ったり、、、、ヒルに血を吸われんでよかった(笑)。

 

ま、、、、、、

俺が「大丈夫」って言えば君はきっと大丈夫で
もし世界中が君の否定をしても
俺が「大丈夫」って言えば君はきっと大丈夫で
俺だけが世界中の否定をしていよう

 







The following two tabs change content below.
米井敏進(YONEI TOSHIYUKI)

米井敏進(YONEI TOSHIYUKI)

株式会社キレイニ・ヨネイクリーニング・レザー&リペアAPRON代表&職人。1976年生まれ。 クリーニング師(国家資格)・TES(繊維製品品質管理士)・CA(クリーニングアドバイザー)の資格を持つ。しみぬき流派「不入流」師範。レザークリーニングやカラーリング(色修復)の技術を持つ。 クリーニングの枠に拘らないスタイルで、ファッションケアを様々な技法で表現。異業種団体「CONNECT」に所属し姫路で2度ファションイベントの企画運営に加わる。 趣味はランニング(篠山ABCマラソン2度の完走・村岡ダブルフル44kmの部完走)・フットサル(10年で引退)。HP作成も自ら行うなどクリエーター気。 お客様のため、毎日『キレイ』を探求し続ける2児の父親である。 【クリーニングアドバイス受付】 月・水・木・土 ※時間によって不在の場合あり。お問い合わせ下さい。