子供の頃と違う?

どうも、寒さにちょっと体調を崩してしまった米井です。

本日は金曜日の定期集配日。マスクをしてしっかりと着込んで集配に出かけました。

 

雨の予定でしたがそこまで多く降ることはなく、たまにパラパラ、たまに止んでとクリーニングの集配にはとても助かった天気でした。網干方面を集配していると、、、

小学生かな、、マラソン大会の練習中のようでした。

マラソンの季節ですね~~~。なんか辛かった思い出が蘇ります。あれだけ嫌いだった長距離を最近は好きで走るようになっているのが不思議です(笑)。

 

小さいころ嫌いだったことが、大人になって好きになるのってたくさんあるもんです。昔は嫌いだった「納豆」も今は大好きですし^^;。苦手は思い込みと良く自分に言ってますがほんとその通りだなって思います。

 

昔と今と違うといえば、1996年公開のダニー・ボイル監督の名作『トレインスポッティング』の続編『T2:トレインスポッティング』が4/8に日本で公開されます。

20年という月日が流れオリジナルメンバーが集まったこの作品は登場人物の20年後の物語として作られているようです。

 

20年前といえば私が20歳の頃。この映画はビデオで何度も見てました。答えは特にないのですが「人生は自分で決めるもの」だという、、”ふわーーーっとした”ものを得ることが出来ました(笑)。

昔はバカやってた人もいつの間にか落ち着いてきます。良いことなのですが今の人生それで満足か、という疑問は誰しも心の中にあるものではないでしょうか?

書いてて何が言いたいかさっぱり分からなくなってきましたが、人生の価値観は人それぞれ。価値観は自分で決めるもの。年齢を重ねるにつれその価値観も変わっていく。

とにかく、またこの映画を見て、自分自身の中の答えを見つけたいと思います。

また「ふわーーーっとした」ものを得るのでしょう(笑)。

 

これは、ビデオじゃなく絶対映画館で観たいです^^。

 

 

最後に、トレインスポッティングの冒頭シーンのセリフ。ちょっと挑発的ですが、これ、大好きなんです^^。

 

人生を選べ、仕事を選べ、

キャリアを選べ、家族を選べ

バカでかいテレビを、洗濯機を、車を、

CDプレイヤーを、電動の缶切りを選べ

おしゃれなバカンス用の服と、それに似合うカバンを選べ

分割払いで買える3つぞろいのスーツをたくさんの生地から選べ

日曜大工を選べ 

日曜の朝に自分探しでもしろ

そこにあるソファーを選べ 

ジャンクフードをほおばりながら

気が狂いそうなくらい退屈でつまらないクイズ番組でも見てろ

選んだ挙句に

わがままで始末に終えない

跡継ぎのガキどもに厄介者扱いされながら

ボロ屋で余生を過ごし、朽ち果てる事を選べ

未来を選べ 人生を選べ 

俺は選ばないことを選んだ

何か別のものを選んだ

 

 

 

 

 







The following two tabs change content below.
米井敏進(YONEI TOSHIYUKI)

米井敏進(YONEI TOSHIYUKI)

株式会社キレイニ・ヨネイクリーニング・レザー&リペアAPRON代表&職人。1976年生まれ。 クリーニング師(国家資格)・TES(繊維製品品質管理士)・CA(クリーニングアドバイザー)の資格を持つ。しみぬき流派「不入流」師範。レザークリーニングやカラーリング(色修復)の技術を持つ。 クリーニングの枠に拘らないスタイルで、ファッションケアを様々な技法で表現。異業種団体「CONNECT」に所属し姫路で2度ファションイベントの企画運営に加わる。 趣味はランニング(篠山ABCマラソン2度の完走・村岡ダブルフル44kmの部完走)・フットサル(10年で引退)。HP作成も自ら行うなどクリエーター気。 お客様のため、毎日『キレイ』を探求し続ける2児の父親である。 【クリーニングアドバイス受付】 月・水・木・土 ※時間によって不在の場合あり。お問い合わせ下さい。