ジーンズリペア

どうも。風邪やインフルエンザが大流行してますので、皆様大丈夫かな~~っと思っている米井です。

インフルエンザは警報レベルになっているらしいので、皆様手洗いやうがいをしっかりして、この時期を乗り越えましょうね。

 

そんな中、靴のご依頼も多く日々、こつこつと作業をしております^^。今日も色々とご依頼頂きました。

クリーニングから染み抜き。そして修理に至るまで。ご近所の方にも靴の修理を少しわかって頂けてきております。これもありがたいですね。

衣類の修理もご依頼は最近多く、最近ではズボンの幅だし、裾上げ、ジーンズのチェーンステッチによる裾上げ、ダウンのファスナー交換、などなど。

 

お客様との会話の中で、

「この店は特殊品専門店ですか?」

とご質問されることがあるのですが…

そんなことは無いです!(笑)

普通にクリーニングやってます(笑)

私自身が特殊な見た目してるので、そんな印象を受けるのでしょうか?(笑)。

 

ま、それは冗談として…。

 

本日お渡ししたこのジーンズのご依頼。REPLAYのジーンズです。

前のチャック部分のボタンが壊れて取れてしまったので、どうにかならないか?というご相談でした。

前のボタンは実は飾りボタンでして、止める方法は、フックによる形でした。

ボタンのカシメ部分が折れてしまっています。フックもなんとかついてる感じでした。

 

リペアの職人と相談。メーカーに直接電話をし、同じ資材を取り寄せれないか?と聞いてみると無理でした。

販売店でも提携先のリペアショップに出すとのことでした。

 

ですので、当店で検討した結果。お客様へのご提案は2通り

 

①フックを止めなおし、ボタンは飾りのカシメボタン(シルバーの模様無し)をつけてリペア

②ボタンホールを作成し、通常のジーンズのように穴を通して止めるズボンにリメイク

 

②のリメイクであれば、強度も増しますし、ボタンも種類が多いので見た目も前と変わらないデザインを準備出来る形でした。お客様も②の方法でお願いします、とのこと。

 

で、結果。

このような形でめちゃめちゃええ感じに直りました。

お客様も、見た目全然前と変わらない…と喜んで頂きました!

 

私共は、ご予算やそのモノの状況を見て、いくつかご提案することが多いです。しっかりとお話を聞くことで色々な事が出来ますので、どうぞご遠慮なく何でもおっしゃってくださいね。







The following two tabs change content below.
米井敏進(YONEI TOSHIYUKI)

米井敏進(YONEI TOSHIYUKI)

株式会社キレイニ・ヨネイクリーニング・レザー&リペアAPRON代表&職人。1976年生まれ。 クリーニング師(国家資格)・TES(繊維製品品質管理士)・CA(クリーニングアドバイザー)の資格を持つ。しみぬき流派「不入流」師範。レザークリーニングやカラーリング(色修復)の技術を持つ。 クリーニングの枠に拘らないスタイルで、ファッションケアを様々な技法で表現。異業種団体「CONNECT」に所属し姫路で2度ファションイベントの企画運営に加わる。 趣味はランニング(篠山ABCマラソン2度の完走・村岡ダブルフル44kmの部完走)・フットサル(10年で引退)。HP作成も自ら行うなどクリエーター気。 お客様のため、毎日『キレイ』を探求し続ける2児の父親である。 【クリーニングアドバイス受付】 月・水・木・土 ※時間によって不在の場合あり。お問い合わせ下さい。