お客様と交わす洗濯表示の話からレザーの話

どうも。キャップを後ろ向きにかぶって仕事&接客をするというふざけた姫路のクリーニング屋、米井です(笑)。

いや、ふざけてません!至って真面目です!マジメンです!!!

ほら、真面目そうでしょ?(笑。

これは写真での操作ですね、操作…。それにしても横からみるとワンピースのアーロンに似てるな、と自分で思ってしまった(笑)。髪の毛が作業中にうっとおしいので帽子を被って作業することがマイブーム(?)。そんな感じでございます。結構、気が引き締まりますので気に入ってます。

 

本日の営業中も色々と「来店されたお客様」や「TELでお問い合わせのお客様」とお話をしました。

 

その中で洗濯表示についてのお話。

参照:http://tg-uchi.jp/topics/861

 

なかなか、洗濯表示ってついているのは分かっても、内容まで分からないですよね。当然、我々クリーニング屋はプロですので知っていますが、一般的には洗濯表示のマークはそこまで認知されてないのが現実です。

お客様にとって大事なのは、

「家で洗えるか、洗えないか」

そのことだけ、だと思うのです。細かい表示の説明があっても興味が湧かないと知ろうとはしませんよね~^^;。だって難しいですもん。だから私たちはちょっとずつでもお客様に興味を持ってもらわないといけませんし、お伝えすることが大切何だと思います。

なので、ご家庭の洗濯でも何か分からないことがあれば何でも聞いてくださいね。

 

さらに難しいのが、レザーの説明

問い合わせの中で多いのが、「○○○って洗えますか?」ってご質問。レザークリーニングをHP等でも全面押ししておるのにこんなことを書くのもなんなのですが、

元々、バッグや靴は、洗うために作られてません!

なので、かなりのリスクがあります。もちろん、さきほど述べた洗濯表示はもちろんついてません(汗)。では、何故洗えないものを洗うのか?

それは

そこに汚れがあるから!(山があるから、みたいなこと言うな!w)

実際、バッグや靴の汚れや染みでお困りの方がどれだけいることか…。それを思うと洗ったり、何とかしたくなるのです。でも先ほど述べたようにリスクはありますので、お客様としっかりお話してからの作業となります。

なので、どのような事でお困りかを聞かせてください。それに合わせて何か手段を考えご提案いたしますので。

 

 

こちらのバッグは、「市販の撥水剤をご使用になられてシミが出来てしまった」というご相談でした。なぜ、こんなことが起こったのかという自分なりの考えをお客様に伝え、とりあえずテストをしてみました。

 

するとバッグの染料、つまり色を付けてたものが、撥水剤の影響で剥がれ落ちていたようでした。右下の部分だけ色を調合して入れてみると復活してきます。ですので、全体に色を入れなおす「カラーリング」処理をご提案して作業させて頂くことになりました。

「原因がわかったぞ!」のポーズ(笑)。

とりあえず、全体の作業に取り組みますので、今しばらくお待ちください。

レザーの作業は結構時間もかかります。なので大変お待たせしているものもありますがしっかりと直さないいけませんので、ご迷惑をおかけしますがご了承ください。

 

色々と作業が終えた後にのんだ豆乳飲料「さくら」。美味かった~~!!!

勉強、勉強の毎日です。ありがたや。









The following two tabs change content below.
米井敏進(YONEI TOSHIYUKI)

米井敏進(YONEI TOSHIYUKI)

株式会社キレイニ・ヨネイクリーニング・レザー&リペアAPRON代表&職人。1976年生まれ。 クリーニング師(国家資格)・TES(繊維製品品質管理士)・CA(クリーニングアドバイザー)の資格を持つ。しみぬき流派「不入流」師範。レザークリーニングやカラーリング(色修復)の技術を持つ。 クリーニングの枠に拘らないスタイルで、ファッションケアを様々な技法で表現。異業種団体「CONNECT」に所属し姫路で2度ファションイベントの企画運営に加わる。 趣味はランニング(篠山ABCマラソン2度の完走・村岡ダブルフル44kmの部完走)・フットサル(10年で引退)。HP作成も自ら行うなどクリエーター気。 お客様のため、毎日『キレイ』を探求し続ける2児の父親である。 【クリーニングアドバイス受付】 月・水・木・土 ※時間によって不在の場合あり。お問い合わせ下さい。
米井敏進(YONEI TOSHIYUKI)

最新記事 by 米井敏進(YONEI TOSHIYUKI) (全て見る)