洗濯&クリーニングで知っておきたいこと【ケアラベル編①】

服はどうやって洗うの?(ケアラベルについて)

 

print-care-label

 

前のコラムにて仕舞う前に服を洗う事をお伝えしましたが、では「服を洗う」っていうのはどうやって何を基準に行えば良いのでしょうか?

基本的に衣類には「取り扱い絵表示(ケアラベル)」と呼ばれるラベルがついております。

 

ここを見ると洗濯についても色々と書かれているんですね。洗濯機のマークやアイロンのマーク、服のマークなんかが書いてあるところです。

 

この洗濯の記号は、「この服を洗う時はこの表示通りに洗ってくださいね」とその服の作り手(ブランド/メーカーなど)が付けている記号。だから、基本的にこの表示を確認することが非常に大切です当店ではもちろんこの表示すべて確認しております。この取り扱い絵表示はクリーニングの時にもとても役に立つんです。

次はこの洗濯表示の見方について説明していきましょう。

 

 

◆ 洗濯絵表示はH28年12月に変更になりました

 

 
では絵表示について説明させてもらう前に、、、
 
実はお洗濯の絵表示は12月以降から変更になりました(あまり知られてません^^;)
だから、これからは新しい絵表示を知らないと洗濯やクリーニングの時にとても困ったちゃんになります。
 
何が変更になったか、簡単に申し上げると…
 

★記号のデザインが新しくなった

※世界標準の記号となるので、日本語表記が無くなります
 

★記号の種類が増えました

※今までになかったものも増えました
 

★表示は取り扱い方の上限(MAX)を示します

※絵表示以上のことをすると危険なのです
 

★参考情報が簡単な用語で付記されることがあります

※記号近くに書かれていたら注意ですね
 

 

ざっとこんな感じですがややこしいですよね^^;。
 
ま、とにかく新しくなる洗濯絵表示には注意しましょう分からなければご相談を…
次はどう変わったのか実際に記号を見ながら絵表示を説明いたします。
 
詳しく調べたい方は消費者庁のHPをご覧ください
 
 






The following two tabs change content below.
米井敏進(YONEI TOSHIYUKI)

米井敏進(YONEI TOSHIYUKI)

株式会社キレイニ・ヨネイクリーニング・レザー&リペアAPRON代表&職人。1976年生まれ。 クリーニング師(国家資格)・TES(繊維製品品質管理士)・CA(クリーニングアドバイザー)の資格を持つ。しみぬき流派「不入流」師範。レザークリーニングやカラーリング(色修復)の技術を持つ。 クリーニングの枠に拘らないスタイルで、ファッションケアを様々な技法で表現。異業種団体「CONNECT」に所属し姫路で2度ファションイベントの企画運営に加わる。 趣味はランニング(篠山ABCマラソン2度の完走・村岡ダブルフル44kmの部完走)・フットサル(10年で引退)。HP作成も自ら行うなどクリエーター気。 お客様のため、毎日『キレイ』を探求し続ける2児の父親である。 【クリーニングアドバイス受付】 月・水・木・土 ※時間によって不在の場合あり。お問い合わせ下さい。