POLO RALPH LAUREN(ポロ ラルフローレン)シャツの襟黄ばみ除去

姫路市飾磨区須加にあるクリーニング店「ヨネイクリーニング」店長の米井です。今回の事例は、POLO RALPH LAUREN(ポロ ラルフローレン)のシャツの衿の黄ばみ除去です。

 

◆シャツの黄ばみの原因

シャツ類は、どうしてもエリや袖の部分に一番汚れがつきやすく、また黄ばみ等も発生しやすいです。

何故なら「肌に一番密着しているところであること」身体の皮脂や汗などが付着しやすく、また「空気の通り道であること」で、大気中の排気ガスや塵・ほこりなどが溜まりやすい上、動きによるスレなどで生地に対して汚れが深くに入り込み、ご家庭の洗濯では落としきれない蓄積した汚れ黄ばみの原因となってきます。

 

BEFORE

黄ばみを処理したいですが、全体的に漂白を使うと白以外の色が褪せてしまうため、部分的にじっくりと染み抜きを作業していきます。

染み抜き流派「不入流(いらずりゅう)」二刀流しみぬきなどを駆使。

※写真の中の少年ジャンプについてはツッコミを入れないでください(笑)。

AFTER

だいぶん古くなったシミでしたが、襟(エリ)がとっても綺麗になりました(o^―^o)。

◆仕上げは職人が手仕上げプレスを行います

職人が手仕上げのプレスを行います。袖を通した時の雰囲気がご家庭での洗濯の時と全く違います。

 

◆夏のシャツ等のメンテナンスは?

まず、夏物の衣類はこまめに洗いたいところです。でも、クリーニングに着るたびに出していたらクリーニング代もめちゃくちゃかかります。

ご家庭で洗いにくいお洋服も夏物にはあると思いますので、そういったものは着回しをしてシーズン中、汚れが目立ってきたら一度や二度クリーニング。しまう時は必ずクリーニングしてください。

ご家庭で洗える洋服は、こまめに洗ってください。

そして仕舞う前にクリーニングに出して「芯から溜まった汚れ」「家庭で落ちないシミ」をプロに落としてもらって仕舞うのがベストかな。たまに襟元の皮脂汚れ取りのために、石鹸や染み抜き剤をゴシゴシ入念に擦ってから洗濯されていたのは良いのですが、その石鹸成分が蓄積して石鹸焼けを起こしている場合もないとは言えません。

そういったものもクリーニングの洗浄にて落としていくのです。

 

■夏物の衣類はこまめに家で洗えるのがおすすめ

■使用頻度によってシーズン中にもクリーニング

■仕舞う前にはかならずクリーニングしてから仕舞う

 

これにかぎります(*´ω`)。









The following two tabs change content below.
米井敏進(YONEI TOSHIYUKI)

米井敏進(YONEI TOSHIYUKI)

株式会社キレイニ・ヨネイクリーニング・レザー&リペアAPRON代表&職人。1976年生まれ。 クリーニング師(国家資格)・TES(繊維製品品質管理士)・CA(クリーニングアドバイザー)の資格を持つ。しみぬき流派「不入流」師範。レザークリーニングやカラーリング(色修復)の技術を持つ。 クリーニングの枠に拘らないスタイルで、ファッションケアを様々な技法で表現。異業種団体「CONNECT」に所属し姫路で2度ファションイベントの企画運営に加わる。 趣味はランニング(篠山ABCマラソン2度の完走・村岡ダブルフル44kmの部完走)・フットサル(10年で引退)。HP作成も自ら行うなどクリエーター気。 お客様のため、毎日『キレイ』を探求し続ける2児の父親である。 【クリーニングアドバイス受付】 月・水・木・土 ※時間によって不在の場合あり。お問い合わせ下さい。
米井敏進(YONEI TOSHIYUKI)

最新記事 by 米井敏進(YONEI TOSHIYUKI) (全て見る)