LEONARDの色移りのしみ抜き 【keyword: 姫路 しみぬき クリーニング LEONARD カットソー】

毎度ありがとうございます。ヨネイクリーニングです。ALOHA!!
久しぶりにシミ抜きの内容の記事を書きますね。

写真は色々と携帯で写しているのですが、
ブログにアップするのに手間がかかるのでサボっていましたね。
さっ、頑張ります!!

さて先日、あるブティックからのご相談がありました。

常連のお客様がご家庭でLEONARDのシャツを洗濯したところ、
白地部分に色が移ってしまったとのことでした。

幸運にも後日お客様とも直接お会いすることが出来いろいろとお話を聞いてみました。

100819_0935~02.jpg
100819_0935~01.jpg

どうしても夏物の製品を着ると汗をかきますよね。
汗をかいたら水で洗いたいのは当たり前。
そこでなんとか安全に洗うためホームクリーニング用洗剤で漬け置きなさったようでした。

ホームクリーニングとは…、

*取り扱い絵表示ラベルでドライ表示のものでも洗える!
…こともないってことです(汗)。

ここで言うホームクリーニングとクリーニング屋さんのドライクリーニングは全く別物と知っておいて下さいね。

ホームクリーニング用の洗剤メーカーさんのサイトを見ると
「ドライマークのモノが洗えます…ただし水洗いが×なものはお避け下さい」
と書かれています。

つまりドライ○・水洗い×のものは洗わない方が良い
(専門家であるドライクリーニングにご依頼ください)と言うわけです。

でも実はこのLEONARD。
水洗いは○でした。

では何故このような事故が起こったのか??

それは漬け置きに原因があったかもしれません。
でも普通に素早く洗っても同じ結果だったかもしれません。

このような色移り(クリーニング専門用語で色泣きと言います)には様々な要因があるんですね。

とにかくその原因を探り洗い直すことが大切でした。

で、やってみた結果…

100908_1537~02.jpg
100908_1536~01.jpg

バッチリ綺麗に直りました!

やはり家で洗うの怖いな~~と思ったものはプロへお任せ下さい。

その後、別のお客様よりLEONARDのお洋服を5着以上お預かりしました。
意外とプロでも取り扱いが怖い海外製品。
生活様式・環境・文化など違うので製品の作りも多種多様なんです。

ま、特にべっちょなく洗えましたけど。。
お客様の笑顔。楽しみにしております(うふふ)。









The following two tabs change content below.
米井敏進(YONEI TOSHIYUKI)

米井敏進(YONEI TOSHIYUKI)

株式会社キレイニ・ヨネイクリーニング・レザー&リペアAPRON代表&職人。1976年生まれ。 クリーニング師(国家資格)・TES(繊維製品品質管理士)・CA(クリーニングアドバイザー)の資格を持つ。しみぬき流派「不入流」師範。レザークリーニングやカラーリング(色修復)の技術を持つ。 クリーニングの枠に拘らないスタイルで、ファッションケアを様々な技法で表現。異業種団体「CONNECT」に所属し姫路で2度ファションイベントの企画運営に加わる。 趣味はランニング(篠山ABCマラソン2度の完走・村岡ダブルフル44kmの部完走)・フットサル(10年で引退)。HP作成も自ら行うなどクリエーター気。 お客様のため、毎日『キレイ』を探求し続ける2児の父親である。 【クリーニングアドバイス受付】 月・水・木・土 ※時間によって不在の場合あり。お問い合わせ下さい。
米井敏進(YONEI TOSHIYUKI)

最新記事 by 米井敏進(YONEI TOSHIYUKI) (全て見る)