【OLD ENGLAND|オールドイングランドバッグ修理リメイク 】

毎度ありがとうございます。
今回の事例は、オールドイングランドのバッグをクリーニング後に修理させて頂きました。

使用により、サイドの部分が裂けてしまっています。
通常ならばこれで使い物にはなりませんね。そこを何とかしていきます。

まずは

BEFORE

IMG_1053 (800x600)

IMG_0210 (800x600) (800x600)  IMG_0211 (800x600)

ただ単に穴を塞ぐだけでは面白くないし、直した感が出てカッコ悪いので、

お客様とご相談して、ファスナーを付ける事になりました^^。

クリーニングで汚れを落とした後、リペア作業をしていきました。

 

 AFTER

IMG_1054 (600x800)

IMG_1052 (600x800) IMG_1051 (600x800)

 

どうですか?ええ感じでしょ??

こうゆうことも可能です。でも、バッグの修理には、時にはステッチを外したり裏地を外したりするので、

時間はかなり頂きます。そのあたりはご了承ください。

 

◆豆知識「ファスナー」と「チャック」と「ジッパー」の違い

一般名詞である「ファスナー」。

その呼び名は他に「チャック」とか、ジーンズについたものは、「ジッパー」と呼ばれたりしています。
1891年に米国ホイットコム・ジャドソン氏が、靴ヒモを結ぶ不便さを解決しようと考えたものがファスナーの起源とされています。1921年に米国のメーカーが、閉める時の「シューッ」という擬音の「Zip」からファスナーを「ジッパー」と命名し、その呼び名も浸透しました。日本では、1927年に尾道で「巾着(きんちゃく)」からもじって、ファスナーを「チャック印」として販売したところ評判になり、「チャック」という名前が定着しました。つまり、この3つは同じものなのです。  *YKK HPを参照

 

 

 

 







The following two tabs change content below.
米井敏進(YONEI TOSHIYUKI)

米井敏進(YONEI TOSHIYUKI)

株式会社キレイニ・ヨネイクリーニング・レザー&リペアAPRON代表&職人。1976年生まれ。 クリーニング師(国家資格)・TES(繊維製品品質管理士)・CA(クリーニングアドバイザー)の資格を持つ。しみぬき流派「不入流」師範。レザークリーニングやカラーリング(色修復)の技術を持つ。 クリーニングの枠に拘らないスタイルで、ファッションケアを様々な技法で表現。異業種団体「CONNECT」に所属し姫路で2度ファションイベントの企画運営に加わる。 趣味はランニング(篠山ABCマラソン2度の完走・村岡ダブルフル44kmの部完走)・フットサル(10年で引退)。HP作成も自ら行うなどクリエーター気。 お客様のため、毎日『キレイ』を探求し続ける2児の父親である。 【クリーニングアドバイス受付】 月・水・木・土 ※時間によって不在の場合あり。お問い合わせ下さい。